政治・社会の最近のブログ記事

「人は、分かりやすくてつじつまの合った話を信じる」とある人から聞いた。そのとき、まさかと思いつつ、一方で思い当たることがいろいろ出てきて、目から鱗の感じがした。

その後、意識していろんな事象を見てみると、確かに人は分かりやすくてつじつまの合った話を信じやすいと理解できる。詐欺にだまされるのも、効果のない健康食品にはまるのもその一例だろう。
ある堅い職業の人が、アメリカからは月の裏側が見えると思っていた、という話を聞いて驚愕した。地球の裏側にまわると月の裏側も見える、という「裏つながり」でつじつまが合っている。

決定的なことがあった。
ある責任ある立場の人が、「○○さんの話は、分かりやすくてつじつまが合っている」と言って、○○さんの話を鵜呑みにしているのだ。重い責任を持った方がモロに言うとは、驚きのあまり言葉が出なかった。

いわゆる理系の人間は、こういうテーマには敏感な傾向がある。本来、自然科学をベースに生きているわけだから、科学を否定することは自己否定につながる。物心ついた頃から「科学的である」ことに価値を見いだし、非科学的な言動を排除して成長してきたのだ。

分かりやすいことは大切なことだ。問題は「つじつまが合っている」というところなのだ。
つじつまが合っていない話は、自己破綻しているから論外だ。では、つじつまが合っていれば正しいか、というと必ずしもそうではない。つじつまが合っていても、事実と異なる話はいくらでもある。先の○○さんの話はその典型だった。

理系の人間だって深く考えていないと、思い込みになったりだまされたりすることがある。
つじつまが合っているだけでなく、事実と合っているかが決定的に重要なのだ。しかしその事実を知らなければ判断のしようがない。たとえば、「花粉症にならないために花粉をいっぱい浴びて免疫を付ける」と言っている人がいた。何の悪意もないし健康でいたいという願いがこもっているが、花粉をいっぱい浴びて免疫が付いたら花粉症になる、という事実を知らないのだ。

善良な人間の特性を知った上で、それを利用して利益を得ようとする人がたくさんいる。
利用されたら、いつか必ず不利益を被ることになるという事実を、重く受け止めたいものだ。

 政治家の政治資金不正流用が後を絶たないが、テレビの街角インタビューで「裏切られた」とか「ニューリーダーが必要だ」とか答えている場面が放映される。しかし、問題となっている政治家は、多くの有権者に支持されて当選したのであり、インタビューで辛辣に批判している人の中にも支持した人はたくさんいるはずだ。

 今の日本国民は有権者であって、主権者なのだから、自分の「任命責任」について考えてみる必要があるのではないか。街角インタビューで自分の「人を見る目のなさ」を反省するよりも、むしろ被害者であるような意見が目立つ。何か少しちがうような気がする。

 有権者としての反省がなければ、いつまでたっても人を見る目は育たないし、また同じような人を選ぶだろう。リーダーが何かしてくれると期待し、リーダーに服従する人は、リーダーが器でないと分かったとき激しく怒る。悪いのは器でもないのにリーダーになった人物で、選んだ自分は悪くない、被害者なんだと考えるのだろうか。

 本気で怒っているなら、自分の「任命責任」ということについて考えてみよう。自分が主権者の一人であることを重く受け止めなければ、決してよい社会にはならないだろう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち政治・社会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは実話です。

次のカテゴリは本当にあった話です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。