早合点

| コメント(0)

早合点をする人は、人の話を聞くのが苦手のようだ。

早合点する人が何か質問されて答える場合、相手の話をよく聞かないで的外れな答えをしてしまいがちだ。
とくに自分の得意な分野の質問だと、質問者の単語=キーワードに反応して知識の「引き出し」が開いて、ぞろぞろと「蘊蓄」が出てくる。このあたりはオートマチックのようで、毎回同じ話になる。しまいには、誰でも知っているような単語の解説まで始まる始末。特に専門家を自負する人が「素人」相手に解説するときによくあるパターンだ。テレビでもよくお目にかかる。
何を隠そう私も的外れな回答で、人を不愉快にさせたことが何回もある。「そんなことを聞いてませんよ」と言ってくれる人はありがたい。謝ることができるし、以降気を付けることもできる。だまって「そうですか」で終わるのは大人の対応かも知れないし、本気で怒っているのかも知れない。逆に関わり合いになる手間を惜しまれているのかも知れない。

早合点する人が人に何かを教えてもらう場合、相手の話をよく聞かないで的外れな答えを勝手に導き出してしまうことが多い。
まるで、子どもが勝手に走り出して迷子になるようだ。相手の答えの中にある単語=キーワードに反応して、知識の「引き出し」が自動的にオープンして蘊蓄と結びつき、自らつじつまの合った答えを導き出してしまう。分かりやすくてつじつまの合った結論を早急に得られて満足する。しかしその答えは間違っているから、話が進むにつれてつじつまが合わなくなっていき、深い霧の中へと迷い込んでいく。その後どういう態度に出るかはケースバイケースのようだ。
早合点した内容を「~と言うことですね」と言ってくれる人は、「ちがいますよ」と言えるから良性だ。(たとえ自分の理解力を誇示したいという気持ちがあったとしても。) 黙って聞いていて一見理解したように見えて、後になってから「さっきはこう言った」と、自分の誤解をさもそのように教えられたというように不満を言う人は救いがたい。不信感の固まりとなっていて、もう何を言っても通じないのだ。

私の知る範囲では、年齢を重ねた人や何か専門を持った人ほどこういう傾向が強いようだ。人生経験が豊かで知識も多く「引き出し」をたくさん持っていることと関係がありそうだ。自分の経験や知識をうまくコントロール出来ずにその上に乗っかってしまっている。もったいないことだ。
一方、年齢を重ねた人でも若者のように人の話を聞き、知識を広げている人はたくさんおられる。人の話を聞くことに「一手間かける」という習慣が身についているのではないだろうか。

早合点というのは、結局人の話を聞く時間と労力を惜しむことだ。それが習慣になって身に染みついてしまった人は、すれ違いと大小の不利益とストレスとともに暮らすことになる。しかも周りの人を巻き込んで。

人の話を聞くのにもう少し手間を掛ければ、そしてもう少し器を広げられたら、つまらない摩擦がだいぶ減って、今よりは気持ちよく暮らせるのではないだろうか。

コメントする

このブログ記事について

このページは、佐伯英子が2016年6月19日 09:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「分かりやすくてつじつまの合った話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。